こんにちは。


みなさんは『瞑想』に何を求めていますか?
「何か?」を『瞑想』に期待し、求めていませんか?


「無我の境地に入りたい」
「未来を先読みしたい」
「解脱や悟りを知りたい」
「見えないものを視たり、特殊な能力を手に入れたい」
などなど。

瞑想に対する期待が大きすぎる人を多く見かけます。
瞑想に正解はありませんから、それも良いでしょう。

もちろん、瞑想に方法もありません。

寝転びながらでも、立ちながらでも、本人がやりやすい方法でいいんです。
それと、個人的には瞑想に何を求めてもいいと思っています。

ただ、瞑想が長続きしない人には特徴があって、
『瞑想に求めるものが大きすぎて、ガッカリして長く続かない』というものです。

期待が大きかったりするとガッカリすることになることのほうが多いです。

結果的に『三日坊主』で終わってしまい、いつまで経っても「瞑想ができない」ということになるんです。

瞑想に大きな期待を抱く⇒意地になり瞑想しようとする⇒出来ない⇒飽きる・・・の、繰り返しです。


これは私の持論ですが、瞑想の目的は『心身をリラックスさせること』だと思っています。
1日の心と身体の疲れを瞑想で整える。

『リセットとリフレッシュ』
これさえできれば大成功だと思っています。


『瞑想に過度な期待をしすぎないで欲しいです』
そして『飽きることのないようにして欲しいです』


短い時間でもいいから、必ず毎日する。
そうしていれば、結果は出ます。


預貯金でもスポーツでも、ダイエットでも同じです。
何事も一朝一夕では成し得ません。



snow




こんばんは。


瞑想をすることの目的には2つあります。


1つ目はみなさんもよくご存知の瞑想ですね。
座禅を組み、瞑想にふける。というものです。


そして、もう1つ。

1日の疲れた心と身体をリフレッシュするというものです。


楽な服装で。
落ち着く場所で。
邪魔の入らない。
気が済むまで。
音楽を聴きながら。
アロマを焚きながら。
ここで重要なのは「邪魔の入らない」ということです。


忙しく家事や育児をこなしたり、または、仕事で、心も身体も疲れきってしまってます。

いくら「家事が好き」「育児は苦にならない」「仕事が生き甲斐」といっても、
そのストレスは少なくありません。


『ささくれ立った神経を休めるために瞑想するんです』
『疲れた心と身体を癒すために瞑想するんです』
『1日をリセットするために瞑想するんです』


この瞑想に「形」はありません。


邪魔の入らない環境さえあればトイレやお風呂でも瞑想はできます。



snow




こんばんは。


口癖のように「変わりたいんです」とか、
二言目には「どうすれば変われますか?」と尋ねてくる人が相変わらず少なくありません。


「変わる」「新しい自分を受け入れる」「何かを手放す」という大前提がある。ということを忘れてはダメです。


瞑想も。内観も。


瞑想、内観をするにも何かを手放さなければできません。

瞑想や内観をする場合に、何を手放せばいいか分かりますか?
受け入れないといけないことは、「私は自分を変えるために瞑想する!」ということを受け入れないことには始まりません。

『手放すものは、瞑想をするための時間です』


「時間」について、少し解りやすく書いてみます。
一言でいうと「無駄に過ごす時間」のことなんです。

よくあるのが、ぼお~っとテレビを観て過ごす時間であったり、毎日の晩酌です。

意味のないテレビなんて観る必要はありませんし、晩酌の量を減らすことはできると思います。


そして、結果を焦らないこと。

「起きたら変わってた~」なんてこと絶対ありません。


『継続は力なり』という言葉の通りです。



snow




こんばんは。


あいかわらず「瞑想できない・・・」という質問が多く寄せられます・・・。

「できない」ではなく、
『やってないだけ』と私は答えました。


CMでお馴染みのライザップというトレーニングジムがありますよね。
トレーナーによるマンツーマンのトレーニングと糖質制限(食事制限)が主に行われます。

しかし、24時間監視されるわけではないので、家で何を食べるのも自由といえば自由です。
食事制限をされてるにも関わらず、家で糖質を摂る人もいるでしょう。
そういう人にかぎって「ライザップなんて高いだけで・・・」と相手方に責任を転嫁する傾向が強いんです。


誰かの責任にしても効果なんて得られません。

『どれだけストイックになれるか?』その一言に尽きます。


なんでも他人任せ。
他人に依存。

できなかったら人のせい。


そんな甘い気持ちで目的を達成できるはずがありません。

目的を達成してる人って、傍目から見るよりストイックさがハンパじゃありませんからね。


時には好きな物事を我慢することをお勧めします。



snow




こんばんは。


嫌味や小言を言われた。
ワイドショーでは気の滅入るようなニュースや芸能ネタばかり。
子どもは反抗期で言うことを聞かない。
給料が上がらない、ボーナスはカットされた。
うるさいくせに仕事のできない上司に、怒られた。
成績が伸びない。
どうせ無理だろう、言うだけ無駄。

ネガティブになるようなことが毎日「これでもかっ!」ってぐらい身の回りには起きますよね。


そのときにどう対処するのがベストなんでしょう。


趣味やスポーツに没頭して紛らわせてしまいますか?
買い物で紛らわせますか?
そもそも「そんな事実は無かった」と思いこみますか?

けど、紛らわせたりするのも、無かったことにするのも、何の解決にもなってないんです。



例えば、ちょっとした意志の疎通で友だちと言い争いになったとします。

その場では、面倒なので「わたしが謝っておけば丸く収まるか~」的な考えが芽生えたとします。

そして月日が流れ、お互いの意識から「言い争い」という事実が消えてしまいます。

しかし、ひょんなことがキッカケで、またその友だちと些細なことで意見が合わず、ちょっとした言い合いになるとします。

すると、
友だちが「あの時は!」と、今回の言い争いのネタではなく、以前の争いのネタまで持ち出し罵ってきます。
今回は、ほんのちょっと、ほんと些細なことが原因だったにも関わらず、過去のネタを持ち出されたばかりに、歯止めがきかなくなるお始末。


歯止めがきかなくなった原因は1つだけです。

『何かで紛らわせたり、無かったことにしてしまったから』です。
そして、何かで紛らわせたり、無かったことにしてる人はすごく多いです。


『決してネガティブな感情を持ち越したり、フタをしないでください』
ネガティブの原因がハッキリしてるあいだに解消しなくてはなりません。


『感じきる』とか『解放』といわれるものです。
この『感じきる』『解放』というのは、インチャイワークにも欠かせません

インチャイが生まれる年齢は24,5歳までと言われていますが、年齢に関係なくインチャイは生まれてきます。


解放しきったネガティブな意識やインチャイは二度と出てくること(生まれてくること)はありません。



snow



最新記事
カテゴリ
プロフィール

snow

Author:snow
10年前、エネルギーワークに興味を持ち色々と伝授を受けました。
その後、エネルギーワアークのティーチャーになり、【波動】というものに興味が移りました。
カウンセリングサロンを営み、自他を高める作業に集中する毎日でした。
そして現在は、魂と波動の関係性を探究する日々を送っています。

最新コメント
月別アーカイブ
管理人のWordPressバージョン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: