そもそも瞑想って何のために


こんばんは。


-瞑想-

心を静めて神に祈ったり、何かに集中させたり、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらせることである。
この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者(神)をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。

精神科医の安藤治氏は、現代的視点から瞑想研究を紹介する『瞑想の精神医学』で、「伝統的に、より高度な意識状態あるいは高度な健康とされる状態を引き出すため、精神的プロセスを整えることを目的として行われることもある」と定義している。
「通常の意識状態、通常の健康よりも優れた」という価値の設定は、現在一般に認められている科学的世界観をはみ出しており、こういった価値付与を避けて、瞑想を「変性意識状態」として位置付ける見方もある。
(wikipedia-瞑想-より引用)



瞑想に関して懐疑的な人も大勢いますし、絶対に信じない人もいます。
熱心に取り組んでる人も大勢いることも確かです。


幸せや富を手に入れたいから瞑想するのでしょうか。
健康な身体を手に入れたいから瞑想するのでしょうか。
何かを得ようと瞑想するのでしょうか。

「瞑想ができない」という人もいるのは事実です。

そういう人の多くは結果に期待しすぎるあまり、できてるにも関わらず「できない」と言い出すことが少なくありません。
おそらくは、結果がついてこないからでしょうね・・・。


私の持論は『結果ありきで瞑想するなら、しないほうがいい』です。


wikiにあるように、単に心身の静寂を取り戻すため。それでいいと私は思っていっます。

神をありありと体感したり、究極の智慧、高度な意識状態、高度な健康。二の次、三の次でいいんです。もっといえばそこまで行かなくてもいい。
それはあくまでも瞑想を行ったうえでの結果論ですから。


1日を振り返る。
楽しかったこと、良かったことを思い出す。
嫌な思いはリセットする。それだけでいいんです。


それと、「瞑想ができない」のではなく、「瞑想のやりかたを思い出せない」が正解です。
※これは私が体感したことです。



snow



コメントの投稿
非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

snow

Author:snow
10年前、エネルギーワークに興味を持ち色々と伝授を受けました。
その後、エネルギーワアークのティーチャーになり、【波動】というものに興味が移りました。
カウンセリングサロンを営み、自他を高める作業に集中する毎日でした。
そして現在は、魂と波動の関係性を探究する日々を送っています。

最新コメント
月別アーカイブ
管理人のWordPressバージョン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: