諦めさえしなければ必ず道は拓ける


こんばんは。


「ヨガを始めたのがキッカケ」
「瞑想してみたくて」
「自分の過去や未来に興味がある」
「お友だちに誘われてなんとなく」
「病気を治したい」
「見えないものを視てみたい」
「ブレる自分が嫌」など、いろいろな目的があり、エネルギーワークを始めた人がほとんどでしょう。

そこで疑問が生じます。


『その目的は達せられたんでしょうか?』と。


私の周りにいる多くのワーカーは未達のままです。
何事もそうですけど、もちろんエネルギーワークにも【終達】という概念はありません。


「エネルギーワークしたけど瞑想ができない」
「過去世や未来(未来世)が視えない」
「病気どころか、風邪も治せないし(風邪をひいてしまう)」
「ワークしても何も視えないし、何も感じない」


などの理由で、エネルギーワークから遠ざかってしまうんです。

途中で辞めてしまったり、諦めたり、限界を感じたりするんでしょうか。

そもそもワークを始めたときの目的が違ってるだけかも知れませんね。


ワークを始めるときには希望や夢を抱き、ワークから遠ざかるときは言い訳を探す。

自分に言い訳をして、物事に背を向けるのは簡単です。


しかし、
頑張って、苦労して、工夫しなくては、何事もうまくいくわけもありません。


諦めた時点で進歩しなくなります。
諦めた時点で成長しなくなります。
諦めた時点で終わりを迎えます。


『どうか諦めずに「これでもか!」という勢いで臨んで欲しいものです』



snow



コメントの投稿
非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

snow

Author:snow
10年前、エネルギーワークに興味を持ち色々と伝授を受けました。
その後、エネルギーワアークのティーチャーになり、【波動】というものに興味が移りました。
カウンセリングサロンを営み、自他を高める作業に集中する毎日でした。
そして現在は、魂と波動の関係性を探究する日々を送っています。

最新コメント
月別アーカイブ
管理人のWordPressバージョン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: