まずは自分を大切に、次に他人も大切に


こんにちは。


『生きる』とはいっても、魂が生きているか?ということを書きます。


【生ける屍】の意味を書いておきます。
⇒肉体的には生きているだけで、精神的には死んだも同然の人。


カウンセリングをしていると、まさに【生ける屍状態】の人がよく来られます。

目的もない。
夢もない。
希望もない。
居場所もない。
やるべきことが見つけられない。


そういった人が来られたときは、やりたいことを一緒に探すことから私は始めます。


ある主婦の話しを書いてみます。

家族の誰よりも早く起き、朝食の支度をしながら、子どもたちの弁当を作る。
自分は余り物を食べ、メイクを適当に済ませ、そのまま出勤。
与えられた仕事を定時までこなす。
帰宅途中に買い物に行く。
家に着いたらすぐに洗濯機を回しながら、夕飯の支度。
家族みんなの食事時間がバラバラなので、最後に食べ終わる家族を待って後片付け。
洗濯物などの片付けが終わると、23時。
後は寝るだけ。
そして朝が来て同じことの繰り返し。


一見すると良き妻であり、良き母に感じられます。

でも、この人には自分の時間が一切ありません。


目的も、夢や希望も、居場所も、やりたいこともないのも、当然といえば当然です。


それは生きているとはいえず、ただ生かされているだけです。
それ以前に、誰かのために時間(人生)を費やしてるだけです。


自分の人生。
それも、たった1度(今生では、とい意味)の人生。


もっともっと、やりたいことをしないとです。

『自分の人生は誰のためでもなく、自分だけのものなんです』



snow



コメントの投稿
非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

snow

Author:snow
10年前、エネルギーワークに興味を持ち色々と伝授を受けました。
その後、エネルギーワアークのティーチャーになり、【波動】というものに興味が移りました。
カウンセリングサロンを営み、自他を高める作業に集中する毎日でした。
そして現在は、魂と波動の関係性を探究する日々を送っています。

最新コメント
月別アーカイブ
管理人のWordPressバージョン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: