カウンセラーの在り方


こんにちは。


今日はカウンセラーの在り方について書いてみます。
※いつものように持論満載な内容です。


クライアントさんの悩みごとを真摯に聞き、受け止めることです。

『悩みごとを真摯に聞き、受け止めること』です。


それが大前提になります。


1回のカウンセリングでは、1つの悩みごとしか聞かないことを強くお薦めします。

たくさんの悩みごとを抱えたクライアントさんが多いです。
クライアントさんもそうですがカウンセラーの意識を1つの悩みごとに集中させるのが目的です。
他の悩みごとも出てくるでしょうが、1つ解決してから次の悩みごとに取りかかるほうがスムーズです。

「いろんな悩みを一気に聞き、どれも解決しなかった・・・」という悩みを
カウンセラー仲間から相談されることも少なくありません。
そして、自信をなくし廃業されるひともいます。

『1度にいろんな悩みごとに取り組まない』こと。


決してセラピストのような強要はしてはいけません。

クライアントさんの悩みごともそうですが、
クライアントさんの長所と短所も、クライアントさん自身が1番よくわかっています。

決してやってはいけないこと。
それは、クライアントさんを否定することです。

たとえ自虐的な言動であっても認めることが大切です。

カウンセラーの何気ない一言が、クライアントさんを傷付けたり、取り返しのつかない状況になることもあります。

『カウンセラーは受動的であり、セラピストは能動的』ということを肝に銘じて。


いろんな悩みを聞いてるうちに、シンクロしてしまうカウンセラーも少なくありません。
エンパスや媒介体質のカウンセラーが陥りやすいんですが、自分の悩みのような錯覚を起こし、解決に至らないというケースです。

カウンセラーに必要な要素。

常に冷静かつ客観的な立場でアドバイスができるか。

『コンサルティングしながら、カウンセリングできる』のが、理想とされるカウンセラーです。


それと、カウンセラー以前に、人としての大前提があります。
最低限のルール、マナーもあります。


クライアントさんとカウンセラーは同等です。
「クライアント<カウンセラー」というような勘違いをされてるカウンセラーが多すぎます。

別にカウンセラーなんて偉くもなんともないんですよ。
クライアントさんに「先生、先生!」と呼ばれるうちに大きな勘違いをするんでしょうか・・・。

『ひと対ひと』ということを忘れないで欲しいです。


人の話しを1つずつ真面目に聞いて
決してコントロールしようとするのではなく
常に冷静で客観的に接していけるか。

いろいろ書いてますけど、カウンセラーに特化した内容ではありませんでしたね。
生きていくうえで必要なスキルでした。



snow



コメントの投稿
非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

snow

Author:snow
10年前、エネルギーワークに興味を持ち色々と伝授を受けました。
その後、エネルギーワアークのティーチャーになり、【波動】というものに興味が移りました。
カウンセリングサロンを営み、自他を高める作業に集中する毎日でした。
そして現在は、魂と波動の関係性を探究する日々を送っています。

最新コメント
月別アーカイブ
管理人のWordPressバージョン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: