カウンセリングは最後の砦ではありません


こんにちは。


サロンに『よし!今回は断わろう』と思うタイプの人がたま~に来られます。


どういう人かというと・・・。

スピ系、エネルギー系のサロンをハシゴしてる人。
心療内科、精神科をハシゴしてる人。
そういう人は、ハッキリ言ってカウンセリングしたくありません。

理由は簡単で、そういう人たちの多くは「依存体質」だからです。
「あそこがダメだったから、次はここ」
「ここがダメだったら、次はあそこ」って感じでしょうか。


スピ依存
エネルギー依存
医師依存
他力本願

その依存体質が、今の自身を創りあげたということに気付いてないんです。


「最後の砦」のような期待を持って来られると、ハッキリ言って困ります。
今までは渋々ですが依頼を受けていました。

しかし、そういう人が解放に向かった例は、残念ながらゼロです。
当たり前といえば当たり前ですが。


スピリチュアルを学ぶから人生が好転するのではありません。
エネルギーワークをするから人生が好転するのではありません。
医師の力だけで人生が好転するのではありません。
もちろん、他力本願では何も変わりません。


「自分自身の力で人生を好転させる」という根本的な部分が見えていないというか、欠如してるというか。


『人生を好転させられるのは自分自身でしかありません』

クライアントさんと一緒にキッカケを模索したり、的確かつ厳しいアドバイスをしたり、好転させる方法を説いたりもします。

そこから先をどう考え、どう動くかはクライアントさん自身の問題であり、私は口出しはしませんし、その権利もないと思っています。


依存体質からの脱却が最優先です。



snow



コメントの投稿
非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

snow

Author:snow
10年前、エネルギーワークに興味を持ち色々と伝授を受けました。
その後、エネルギーワアークのティーチャーになり、【波動】というものに興味が移りました。
カウンセリングサロンを営み、自他を高める作業に集中する毎日でした。
そして現在は、魂と波動の関係性を探究する日々を送っています。

最新コメント
月別アーカイブ
管理人のWordPressバージョン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: