どうしても越えれない相性という壁②


こんばんは。


先ほど【どうしても越えれない相性という壁】というブログを書いたんですが、その続きです。


「人に好かれたい」
「よく思われたい」
「嫌われたくない」という感情は、その大きさに違いはありますが、誰もが持っているものです。

その気持ちが強すぎると本当の自分が出せなくなります。

それって辛いことですね。

「好かれよう」「よく思われるように」「嫌われないように」と、人と接してるうちに、自分の最大の魅力が失われていってるんです。


仮面をかぶり、仮面の上に仮面をかぶり、気付いたときにはどれが本当の自分か思い出せなくなってる人を多くみてきました。


自分じゃない偽りの自分を好きになってくれた友だちや恋人。
演じた自分を好きになってくれただけにすぎません。

もしも、本当の自分がズル賢く、裏表があったとしても、演じていない(仮面をかぶっていない)本当の自分を好きになってくれる人と付き合っていくことが幸せなんです。


偽りの友だち
偽りの夫婦(仮面夫婦)
いつか破綻が待ってそうな、気持ち悪い言葉だと思います。

そんな関係には何1つ未来がなく、先はみえみえです。


お互いに「あなたのままが好き」と、思い合える関係がいいですね。



snow



コメントの投稿
非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

snow

Author:snow
10年前、エネルギーワークに興味を持ち色々と伝授を受けました。
その後、エネルギーワアークのティーチャーになり、【波動】というものに興味が移りました。
カウンセリングサロンを営み、自他を高める作業に集中する毎日でした。
そして現在は、魂と波動の関係性を探究する日々を送っています。

最新コメント
月別アーカイブ
管理人のWordPressバージョン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: