こんばんは。


今日は久しぶりにマッサージに行きました。

施術師は見るからに柔道の有段者という感じ。


案の定、痛い。
そして、一押しが重い。

最初は痛みで睡魔も来ませんでしたが、その後ウトウト・・・・・・。

昼過ぎに行って、起こされたのが夕方。


気持ちいいから寝れるんでしょうけど、なんか損した気分も。。。


たぶん明日は、揉み返しですね。



snow




こんにちは。


「マインドフルネス」という言葉はご存知でしょうか?
意味は、瞑想などによる脳の休息法といったところですね。

リラックス
ストレス解消
心身のコンディション調整
集中力を高める、などなど。
その効果は注目されています。

欧米では、「瞑想」というものが科学的に根拠づけられてクローズアップされました。


私ひとりが『瞑想はいいよ』と勧めるよりも、メディアが「マインドフルネスを日常生活に取り入れるべき」と言ったほうが響きやすいんでしょうね。

「長い物には巻かれよ」
「右にならえ」
といったところですね。
それはそれで恐いことですが、マインドフルネスはお勧めします。


仕事の休憩時間。
家事の合間。

10分あればできます。



snow



こんばんは。


私はブログで『本気で頑張れば』とか『一生懸命』という表現をしますが、ご質問をいただいたので少しだけ詳しく書いておきます。


『頑張る』
『一生懸命』
『本気で』
『必死に』というのは、好きなことや成し遂げたい夢がある場合に限ったことです。


嫌なこと、嫌いなこと。

例えば、仕事でも家事でもなんでもそうですが、「嫌だなぁ・・・」と思うことは頑張る必要もありませんし、一生懸命になる必要もありません。



snow



こんにちは。


今日は節目の日ですね。
そして、私の誕生日でもあり、今日のブログは私事です。


今日の夜中3:00AM~5:00AMに瞑想をしていて感じたことを残しておこう。


今日の1日、明日の1日、30日後の1日。
1日を365回重ねると365日で1年。

365日後に何かを成し遂げたいと願うのであれば、今日1日の積み重ねが大事。

1日に何も積めていなければ、365日後は何も積み重なっていないということ。


1日1日を大事に、有意義に。

無意味な1日にしないように、無意味な1年になったと後悔しないように。

次の誕生日に向けて、そして次の誕生日も笑って過ごせるように1日を積み重ねていこうと誓う。



snow



こんばんは。


たまに食べるインスタントラーメンって美味しいですよね。
汗を流したあとの炭酸飲料とかも。


けど、本当に身体のことを大切にしたいと思っているのであれば、
インスタント食品炭酸飲料は摂らないほうがいいです。


意外と思われる人もいるかも知れませんが、「砂糖」も身体に良くありません。
あとは、「塩」です。

料理には砂糖を使わないと、という人はハチミツに変えてみる。
塩は、食塩ではなく、自然に塩になった岩塩に変えてみるとか、方法はあります。

「ビタミンC」という名の防腐剤が入ったジュースなんかも良くないです。

スナック菓子・・・・・・論外です。


私も家族も砂糖と食塩は摂りません。
ハチミツと岩塩のみです。

ジュースは濃縮還元ではない果汁100%のものを子どもが飲みますが、
子ども以外はジュースそのものを飲まないです。

スナック菓子、家族の誰も食べません。


身体のためだけではありません。
エネルギー的にみても良くないからです。

砂糖の摂り過ぎでイライラしたり、食塩の摂り過ぎで寝られなくなったりする人は実際に多くいます。


砂糖をハチミツに、食塩を岩塩に。
一見すると不経済に思えるでしょうが、得るもののほうが遥かに大きいです。


イライラする
寝つきが悪い、寝れない、夜中に目が覚める
集中力が続かない(瞑想、内観に入れない)

一度、食生活を見直すことをお勧めします。
慣れるまで少しキツイですけど、やる甲斐は必ずあります。


友だちや家族と外食するときは、そんなことに構ってられませんが。



snow



連投ですが、こんばんは。


「集中力が持続しない」というクライアントが少なくありません。
そういった場合、私自身に実践経験があり、効果的だったものお勧めしています。


ずばり、『写経』です。
※別に宗教絡みの内容ではありません。


で、まずは、

・写経道具を買いに行きます。
買いに行くときに「写経をすれば集中力が身につく」という、テンションが少しあがります。
「今日から写経するぞ!」「綺麗に書けるかな?」と、少しワクワクした気持ちにもなります。

・ゆっくり時間をかけ、墨を磨るときに気持ちを落ち着かせることができます。
墨汁はお勧めできません。手っ取り早くという気持ちが集中力のなさに繋がるという意味です。

・一文字一文字の意味を理解するつもりで、ゆっくりと丁寧に写経します。
これも墨汁と同じで、サラッと書いてしまうぐらいなら、写経しないほうがいいです。コピーでいい。
綺麗に書けるようになると楽しくなってきます。


1日に1枚でいいです。

ただし、3ヶ月間は毎日続けること。


写経を楽しめるようになれば、3ヶ月後はビックリする結果が必ずでます。


無理やり感、作業感、やらされ感、仕方なく感。
それらがあると、3ヶ月後も集中力は今と変わらないままでしょうけど。
それ以前に、頓挫するでしょうね。


どうせやるなら楽しまないと。



snow




こんばんは。


私がカウンセリングを始めて以来の話しなんですが、
「この性格をどうにかしたくて・・・・・・」という相談が少なくありません。

『うーーん・・』と思ってしまいます。
別に悩んでる意味での『うーん』ではありません。


「この性格を」とか、「今の自分を変えたい」とか。

ホント簡単なことなんですが。


そういう相談を持ち込んでくる人は、変わった自分を見て「周りの人にどう思われるんだろうか」
「周りを驚かせるんじゃないだろうか」という程度の恐れが心のどこかにあるはずです。

それが証拠に「急に変わったらみんなビックリしますよね?」と追い質問がきます。


自身の人間関係を私が知る由もないので答えられません。
おおらかに受け入れてくれる人もいるでしょうし、偏見の眼差しで見てくる人、拒絶する人もいるかも知れません。


しかし、そこに大きな過ちがあります。

『周りの目ばかりを(他人の目ばかりを)気にしてきた自分を変えたいのではないのか?』ということ。
それに気づいてない人が変わるのは難しいです。


変わらない理由が、もう1つあります。


『勇気と決意です』
これが欠けている人が多いです。

「周りから変な目で見られようが変わってみせる!」という、勇気と決意
「変わるためなら寝る時間を減らしてでも!」という、手放す(この場合は睡眠時間です)勇気と決意
いきなり瞑想を始めた自分を見た家族からの苦言に「瞑想に集中できないから黙ってて!」という、勇気

勇気と決意が試される機会は色々ありますし、その機会は多いでしょう。


「性格を変えたい」なんていうのは「よし、わたしは今から変わる」と強く決意した時点で必ず変わります。

それができないのは、未知への恐れだったり、自分への甘えだったりするわけです。


あと、「自分は変われないから、周りの人たちを変える」なんて愚の骨頂です。


1歩目が恐いだけです。

なぜ、1歩目が恐いか?

目標と目的地が漠然としてるからです。
手探りの状態、目隠しされた状態ともいえます。


変わる目的さえ明確になっていれば、あとはその道筋(道筋は目標のこと)通りに進むだけです。
知ってる道は恐くありませんよね?

『簡単なことを難しくしているのは自分自身でしかありません』



snow


最新記事
カテゴリ
プロフィール

snow

Author:snow
10年前、エネルギーワークに興味を持ち色々と伝授を受けました。
その後、エネルギーワアークのティーチャーになり、【波動】というものに興味が移りました。
カウンセリングサロンを営み、自他を高める作業に集中する毎日でした。
そして現在は、魂と波動の関係性を探究する日々を送っています。

最新コメント
月別アーカイブ
管理人のWordPressバージョン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: