こんばんは。


WordPressの告知です。

『シンプルなブログの方が、伝えたいことをダイレクトに伝えれるはず』という思いがあり、
この度、WordPressに新たにブログサイトを作り、試行錯誤を繰り返し、なんとかブログっぽくなりました。

こちら⇒『波動と魂、そして本質』というブログです。

そちらには、このFC2より深く掘り下げた内容を書きとめていきます。


少しでも物事の本質と真理というものを理解していただきたく思います。

興味のある方はもちろんですし、興味のない方も是非1度ご覧ください。



snow




こんにちは。


サロンに来られたほとんどのお客さんにも言いますし、ブログにも何回も書いてきたことなんですけど・・・・・・。

「どうすれば幸せを感じらるようになるんでしょうか・・・?」
「どうすれば好転するんですか?」というものです。


『変わる決意』
『手放す覚悟』
『真摯な態度で素直に聞き入れる』
『自然の中に身をおく』
『今ある全ての物事に感謝する』なんていうのは、基礎中の基礎です。

その次に大切なことが、
『そこに向かって日々精進、日々邁進する』ということです。


「1日ぐらい抜いてもいいか」
「今日はこれぐらいでいいか」
なんて言語道断です。

そんな簡単に幸せを(お客さん自身が幸せと思っているところまで)掴めるはずがありませんし、
そんな簡単に好転するはずもありません。


幸せを手に入れる。(お客さん自身が思っている幸せを手に入れることという意味)
人生を好転させる。

簡単ではありません。

言い換えれば、今までの人生を手放すわけですからね。


今までの甘さを手放さないとダメです。
自分の弱さを手放さないとダメです。
過去への執着を手放さないとダメです。

「幸せを感じる」「好転してみせる」という強い意志が必要です。
手放すことと痛みに耐える覚悟が必要です。


「今のまま」
「現状をキープしながら」
「手放したくない」
「痛みは嫌」
「1日ぐらい」


『それが甘いんです』


手に入れたい物事があるならば、もう1度、自分自身を見つめ直して欲しいと思います。



「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす」by宮本武蔵
「千日をもって初心とし、万日をもって極みとする」by大山倍達

意味と解説は以下の通りです。

宮本武蔵【五輪書】より

「千日の稽古をもって鍛とし、万日の稽古をもって錬とす」という言葉。
「鍛錬」の語源となっています。
「鍛」は基礎が定着するということ、「錬」は一つの道として揺るぎなく完成すること。
「鍛」には千日(約3年)を要し、「錬」には万日(約30年)を要するということで、継続的な努力と精進の大切さを説いた言葉。




snow




こんばんは。


WordPressで新しくブログを開設しました。

まだ何も書いてませんし、カスタマイズも手付かずです。

ドメインは⇒ https://rerioty.com です。

WordPressでは、こちらのブログより1歩踏み込んだ内容にしたいと思っています。


こちらと両立していこうかと・・今のところは。



snow




こんばんは。


サロンシェアの告知です。

サロンを遊ばせておくのももったいないし、カウンセリングなどの専用の場所がない人のために、
当サロンを格安でシェアしていただけるようにしました。

サロンの詳細はこちら

今まで高い料金を支払ってレンタルされていた人、
小さくて殺風景なマンションの1室ですがどうぞご利用くださいね。



snow




こんばんは。


今の時代、いろんなアーマーがあります。

『家族と接するときのアーマー』
『職場でのアーマー』
『恋人と会うときのアーマー』
仲のいい友だちと遊んでるときさえもアーマーを着けてる人も少なくないでしょうね。


『プライドという名のアーマー』
『意地という名のアーマー』


自分を少しでもよく見せるために。
嫌われないために。
弱さを隠すために。


『アーマー(鎧)なんて必要なんでしょうか?』


アーマーを着けるということは、本来の自分とは異なる姿で接してるということなんです。

それで誰かと正面から向き合えるとは思えません。


心の底から向き合いたいと思うのであれば、
たとえそれが自分自身と向き合うにしても、他の誰かと向き合うにしても。

アーマーを脱ぎ捨ててから向き合う必要があります。


もう少し言えば、アーマーを着けてる状態では誰とも向き合えません。

たくさん着こまないで、1つでも多くのアーマーを脱ぎ捨て、心を軽くしてみませんか?


すごく楽な関係が築けますよ。



snow




こんばんは。


エネルギーワークが世の中に浸透してきましたね。
とは言っても、まだまだ訝しげな眼で見られることが少なくないのも事実です。


「天使の羽根を集めている人」
「ゾロ目が出ると「エンジェルナンバーだと喜ぶ人」
「天使や神様が視えるという人」
「何かにつけてポジティブな人」
「どんな苦境であっても「わたし、幸せ~」としか言わない人」
他にも色んな例はありませがキリがないので・・・。

現実世界に存在している以上は、もっと現実を見ないといけません。


まず大切なのは現実に起こっていることを認識することです。

現実から目を背けるのではなく、直視すること。
現実を受け入れ、そのことに対処すること。


なぜ、それらが大切かというと、
現実を直視できない人にとってのそれは現実逃避になるからです。

辛い現実から目を逸らし、夢の世界を創りあげてしまうんです。

それはもう、夢の世界に逃げてるだけにすぎません。


ワークや瞑想をしている人は多くいらっしゃいます。
そういう人たちは現実から逃げたくてワークや瞑想されてるように思えて仕方ありません。


ワークや瞑想は逃げ道ではありません。
逃げ道が欲しくてワークするなんて本末転倒です。


1歩ずつ、少しずつでもいいので、現実を見て前に進まないと。


進むから未来が拓けるんです。



snow




こんばんは。


【自分の限界】を感じたことはありませんか?
俗にいうスランプとは違う伸び悩みです。

私は学生時代から極真会館で空手を習っていました。
入門のキッカケは『あの道着かっこいい』というもの。

筋肉痛の日々。
血尿、血便は当たり前。
稽古で疲れてしまい暫くは食事も摂れません。

『これじゃ心身がもたない』と思うほどの、かなりキツいだけの稽古、そしてまた稽古でした。

1年ぐらいが経ち、身体は慣れてきたものの、ただただ稽古を消化するだけの毎日が続き、少し心が萎えそうになってたんです。

それと同時に『せっかく道着も買ったし、色帯で辞めるのは恥ずかしい』という思いが生じ、
『何か目標を作ろう』となり『【初段(黒帯)】に昇段するまでは辞めない』と公言したんです。

その日から稽古に対する姿勢が変わったのを覚えています。

社会人になってからも続けていたので、初段まで10年を要しました。

目標としていた初段です。
目標まで達したので辞めましたが、
それ以降、もし続けてたとしても二段には昇段しなかったと思っています。

理由は、『初段がゴール』と自分の中で決めてしまってたからです。


何を伝えたいか理解ただけましたか?


『目的(ゴール)地点は、より遠く、より高いほうが伸びる』ということです。

近くて低いゴール地点を見ていても伸びません。


何事も、楽して成功は掴めないんです。

「こんなもんでいいか」と妥協するのは簡単ですよね。

でも、それでは何も掴めないまま人生を終えてしまいます。


『自分で決めたことは、誰に何を言われようがやり抜く』

そのひと言に尽きます。



snow




こんばんは。


「ヨガを始めたのがキッカケ」
「瞑想してみたくて」
「自分の過去や未来に興味がある」
「お友だちに誘われてなんとなく」
「病気を治したい」
「見えないものを視てみたい」
「ブレる自分が嫌」など、いろいろな目的があり、エネルギーワークを始めた人がほとんどでしょう。

そこで疑問が生じます。


『その目的は達せられたんでしょうか?』と。


私の周りにいる多くのワーカーは未達のままです。
何事もそうですけど、もちろんエネルギーワークにも【終達】という概念はありません。


「エネルギーワークしたけど瞑想ができない」
「過去世や未来(未来世)が視えない」
「病気どころか、風邪も治せないし(風邪をひいてしまう)」
「ワークしても何も視えないし、何も感じない」


などの理由で、エネルギーワークから遠ざかってしまうんです。

途中で辞めてしまったり、諦めたり、限界を感じたりするんでしょうか。

そもそもワークを始めたときの目的が違ってるだけかも知れませんね。


ワークを始めるときには希望や夢を抱き、ワークから遠ざかるときは言い訳を探す。

自分に言い訳をして、物事に背を向けるのは簡単です。


しかし、
頑張って、苦労して、工夫しなくては、何事もうまくいくわけもありません。


諦めた時点で進歩しなくなります。
諦めた時点で成長しなくなります。
諦めた時点で終わりを迎えます。


『どうか諦めずに「これでもか!」という勢いで臨んで欲しいものです』



snow




こんばんは。


エネルギーワークをしていると「わたしも視えるようになりますか?」という質問が多い。


『そもそもエネルギーワークを始めたキッカケは何なのか?』
『自分や他人の何を視たいのか?』
『なぜ人の深層心理に興味があるのか?』


私のブログでも何回も書いてます。

【エネルギーワーク】と【視る】ことは全く別物と


それが分かってない人が多すぎて、答えることすら面倒になります。
こんな私でもやるべきことは山ほどあります。


『エネルギーワークと視ることは全く別物です』


エネルギーワークはキッカケにすぎません。

結果として「何かが視える」ということは少なくありませんが、「そのキッカケを飛ばして、視よう」なんて、ありえません。


そこまで甘くはないし、簡単ではありません。


物事には順序があります。

何かを成し得るには、集中力が必要不可欠です。
何かを成し得るには、継続力が必要不可欠です。


それができない人は、何をやっても中途半端で終わってしまいます。



snow




こんばんは。


マニュアルを丸暗記するだけでは役に立ちません。
形から入るだけでは役に立ちません。


【心技体】
三位一体となったときに真価が発揮できるんです。

エネルギーワークも瞑想も。


他人の潜在意識を視たい人。
他人の過去生を視たい人。

まず大切なのは、『本当の自分を知ること』からです。

自分を知らないのに他人を視るなんて100%無理なことです。


本当の自分を知らない人の言葉には、魂がありません。

そんな人に「大丈夫?」なんて言われても、聞いた人の心には響かないんですよ。


大丈夫じゃない人に 「大丈夫?」って聞かれてるんですから。


タイトルのような極める必要はありませんが「何かしよう!」と決めたんだったら、1つのことに集中し『熟得』することです。


アマチュアのまま終わるのではなく、プロフェッショナルになりましょう。



snow



最新記事
カテゴリ
プロフィール

snow

Author:snow
10年前、エネルギーワークに興味を持ち色々と伝授を受けました。
その後、エネルギーワアークのティーチャーになり、【波動】というものに興味が移りました。
カウンセリングサロンを営み、自他を高める作業に集中する毎日でした。
そして現在は、魂と波動の関係性を探究する日々を送っています。

最新コメント
月別アーカイブ
管理人のWordPressバージョン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: