こんばんは。


『自分と向き合う時間は自分で作ってください』や、
『自分を見つめる時間は自分でしか作れない』というニュアンスのことを私はよく言います。

特に、私に限ったことでもなく、ワーカーや書籍、ネットにもよく出てくる言葉です。


よく出てくる言葉の割に、その言葉の意味を理解していない人がいらっしゃるので、簡単にまとめておきます。

『自分と向き合う=自分を見つめる』
※ここでは同義ですので、以下、自分と向き合うに統一します。


【自分と向き合う】

それは内観に通じる方法で、
「自分の嫌な癖」その反対に「自分の好きな癖」
「自分の嫌なところ」その反対に「自分の好きなところ」
「自分のネガティブな言動」その反対に「自分のポジティブな言動」

自分のマイナス部分とプラス部分を調べていくことです。

その際は必ずマイナス部分から行うことが重要です。

「なぜこの癖が嫌なのか?」
「なぜここが嫌なのか?」ということを調べて(考察して)いきます。

「なぜ?」
「なぜ?」
「なんで?」
「どうして?」と、答えが出なくなるまで調べつくします。
要は、根っこの最先端まで掘り下げていくんです。

そうすることで、ほとんどの原因が幼児期にあることがわかります。

「飽き性」
「自分の弱さ、脆さ」
「素直になれない」
「対人関係」などなど、自分のネガティブ部分(マイナス部分)であれば何でもオーケーです。

ネガティブ部分をやり込んでいくと、ポジティブ部分の答えも出てくるので安心してください。


ただ、自分と向き合うのも時間はかかります。
もちろん1回に要する時間のことです。

最低でも1時間はみっちり行うことをおすすめします。
3時間みっちりと行えればベストですが……。

そして、その1時間は自分で確保しない限り、誰も用意してくれません。

寝る時間を省くもよし。
『寝る時間を1時間遅くするのではなく、1時間早起きしてください』
寝起きのトランス状態のときは、雑念もなく頭が冴えているんです。

要領よく仕事や家事を済ませるもよし。


お好きな方法で時間を確保してください。

『ここで1時間確保できるか否かで、自身の未来が大きく変わります』


もう1つのブログに、『悩み事を解放(解決)する方法』を書いています。


snow




こんばんは。


「身体が辛い」
「病気が治らない」
「夫婦仲の悩み」
「受験勉強が辛い」
「就活が上手くいかない」
というような悩み、辛さ、苦しさ、生きている以上は何かしらありますよ。


だからといって、
「辛い」
「苦しい」って吐き出しても、根本的な解決にはならないんです。


誰かに吐き出し一時的に気持ちは紛れるでしょうけど、所詮は【一時しのぎ】にしかなりません。
それを聞いた人も、【一時的な同情】は、あるかも知れません。


痛みの受け取り方も、悩みの受け取り方も、それは人それぞれですから仕方ことなんです。

言った人も、聞いた人も、あくまでも【一時的】なんです。


そして、何も解決できないまま。


吐き出したり愚痴ったりする時間が私には無駄に感じるんです。


私でしたら、その時間を内観に費やします。

『なぜ私は辛い?』
『なぜ私は苦しんでる?』
『なぜ私は悩んでる?』
というように、自分の本質に語り掛けます。


吐き出すより効果があります。
愚痴るより効果は遥かに大きいです。



snow




こんばんは。


「元気に生きたい」
「健康な身体で長生きしたい」という気持ちは誰にでもあると思います。


暴飲暴食をさける。
食品添加物は摂らない。
深酒をしない。
早寝早起きを心がける。
塩分と砂糖を摂らない。
これは見聞きしたことがあると思います。

現状を維持するだけであれば、これでいいでしょう。


しかし、より健康に、より元気に生きたいと願うのであれば、もう1つ。

基礎体温を0・5度~1・0度上げることをおすすめします。
あまり体温を上げ過ぎるとダルさが出てきますのでご注意くださいね。
※基礎体温は女性に限定したものではありません。


夏場のキンキンに冷えたビールは美味しいです。
疲れたときのアイスクリームも美味しいです。

けど、体温を下げてしまうものを摂らない。
私はほとんど摂りません。
そのお陰で36・0度ぐらいだった平熱が、今では37・0度を超えています。


基礎体温が高い人ほど健康なんです。
仮に、罹患したとしても、軽く済んだり、気付かない程度のもので終わります。

この方法と内観をあわせ、私は悪性リンパ腫を克服しています。
2017年5月、あと4ヶ月で治癒とされるところまで来ました


あぁ・・・けど、
「キンキンに冷えたビールとアイスクリームだけはヤメれない」という方は、無理して体温を上げる必要もないと思います。
好きなものを我慢するストレスのほうがダメージが大きいのも事実です。


本当に健康を望み、身体のことを思い、家族のことを思う人にだけお勧めします。



snow




こんばんは。


悩み、迷い、恐怖や煩悩から解放されることを「解脱」と言います。
完全なる自然の境地です。

物事の本質を知ること、真理を知ることを「悟り」と言います。
仏教的な説きを私は知りませんが。


自分の本質を知る術を「内観」と言います。
内観=自分の内側に目を向け見つめること。
そして内観をすることで自分の本質を知り、本質に近付くことで「波動」が高まります。

それは解脱するために必要な悩みや恐怖、煩悩というものがなくなるからです。


そう考えると!

解脱、悟り、内観、波動の上昇、そのどれもが似てるように私には感じられます。


悩みや恐怖、煩悩がなくなると人は高次の存在に近付くと言われてます。
ということは、内観で波動を上昇させ、高次の存在に近付く方法もあるという解釈ができます。

『目的が増えた気がしませんか?』



snow




こんばんは。


『自分を変えるために何からするべきなのか?』

ヨガ
瞑想
内観
エネルギーワークなど、
色んな方法があります。


では、

『自分も周りの人も同時に変える方法はあるか?』


答えは『あります!』



「こんなこと言ったら相手はどう思うだろう・・・」
「これ言ってしまったら相手は傷つくだろうな・・・」
「これは地雷っぽいから言わないでおこう!」と、まあ色んな葛藤が脳内で起こりますよね。

そんな自分が勝手に決めた葛藤なんてくだらないというか、なんというか。

『未知への恐怖』の代表みたいなものです。


自分が勝手に決めたことが原因となって、言いたいことの1つも言えない!

言えないことがあるごとにインチャイが誕生してるんですよ。


というか、決めたのは誰でもなく自分自身なんですけど・・・。


小さい頃から自分の手で閉じ込めてきた感情、抑圧させてしまった感情がインチャイになるということは、
このブログに来られた方はすでにご理解されてると存じます。


『それなのにまだ閉じ込め続けるんでしょうか?』
『そのうえまだ抑え付けてしまうんでしょうか?』

もう充分だと思います・・・・・・。


『可哀想なインチャイ』

そろそろ解放して自由になってもらいませんか?


しっかり相手の目を見ながら、言いたいことを言う。
たったそれだけでいいんです。

そうすることで「言葉(言霊)」というのは相手の心に必ず響きます


「未知への恐怖」にビクビクする必要なんてありません。


いくら言いたいことを言えば良いとはいっても、最初っからケンカ腰はNGですよが。

どんな場合においても、心と心の会話(言霊と言霊の対話)でケンカになることはあり得ません。



snow



最新記事
カテゴリ
プロフィール

snow

Author:snow
10年前、エネルギーワークに興味を持ち色々と伝授を受けました。
その後、エネルギーワアークのティーチャーになり、【波動】というものに興味が移りました。
カウンセリングサロンを営み、自他を高める作業に集中する毎日でした。
そして現在は、魂と波動の関係性を探究する日々を送っています。

最新コメント
月別アーカイブ
管理人のWordPressバージョン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: