こんばんは。


「瞑想ができない…」
「内観ができない…」という人を多く見受けます。

瞑想なんて技術は要らないんですよね。

内観も同じくです。


そこで、私がお薦めするのは
【瞑想日記】
【内観日記】です。



以下の要領で書くことをお勧めします。

日時:12月19日木曜日 時間:21時より
天候:雨 場所:自室のベッド
姿勢:座禅
服装:スウェット上下
概要:以下の通り 瞑想をスタートして暫くは周りの音が気になった。 5分ぐらいしてその音も気にならなくなった。
その後すぐ頭の中で「ピシッ!」という音が聴こえた気がした。
まだ静寂は訪れない。
そのまま瞑想を続けた。
何も視えない。
何も聴こえない。
何も感じない…。
「これが瞑想か?」
「やりかたが違うのか?」という疑問が生じてきた。
その疑問が気になり、意識が散漫になってきてる…。
「わたしには瞑想ができないのか?」
「ネットで見た瞑想方法してるよ?」
「何で瞑想ができんの…」となり、瞑想どころではなくなった。
21時20分、瞑想を終える。

ここまで。



瞑想の日時から姿勢、服装 瞑想中の心境や心の変化まで、こと細かに書くんです。

とりあえず1ヶ月、書きましょう。


そして 1ヶ月後に全部、読み返すんです。

そうすると、問題点や課題が浮き彫りになります。

時間帯が悪いのか
場所が悪いのか
姿勢や服装が悪いのか
瞑想を信じてないから散漫になるのか、色んなことが見えてきますよ。

自身のマイナス面と弱点が露呈してくるはずです。


改善するのは読み返してからでいいんです。

毎日する瞑想で、身体に瞑想を習慣付けて、覚えさせないと駄目なんです。


先に結果をみるのではなく、結果は後で分かるんです。

1ヶ月が過ぎれば、2ヶ月目読み返す。
2ヶ月が過ぎれば、3ヶ月。
3ヶ月が過ぎれば、4ヶ月。という具合に。


瞑想が身に付くまで、瞑想日記を続ければいいんです。


半年後、1年後には 【瞑想の達人】に、なってますよ。

内観日記も要領は同じです。 必ず結果は現れます。



snow




こんにちは。


リーディングを行っている際、多く視かけるのは逆円錐形のクンダリーニです。

第1チャクラは未発達なのに対し、第7チャクラが異常に発達してるんです。

それが意味するものは?

ひと言で表すと【頭でっかち】ということになります。


知識を詰め込もうと躍起になるあまり、頭がパンク状態に近いんです。
悩みを抱えたり、考え過ぎたり。


本来、クンダリーニは、円柱形であるのが望ましいんです。
※クンダリーニとは、身体の中心(尾てい骨から登頂部)を通る螺旋状のエネルギー経路のこと。


第7チャクラが発達し過ぎると、頭を使い過ぎ、思考がパンクし、頭痛を引き起こします。
第1チャクラが弱ると「生きていこう」という意欲が弱まってしまうので要注意です。


綺麗な円柱形のクンダリーニを保つ。

逆円錐形を円柱形に戻す方法は、エネルギーワークか瞑想しかありません。



snow





こんにちは。


運動してる人は、運動前と運動後にストレッチしますよね。
運動していない人も、ストレッチをしないと身体が硬くなってしまいます。

身体を柔軟に保つためには、適度な運動とストレッチは不可欠です。


心にもストレッチが必要なんです。

仕事や家事でも疲れます。
勉強や習い事でも疲れます。
好きな趣味でも疲れることはあるでしょう。


寝る前に、今日1日の心の疲れを癒しながら明日に備えたストレッチが必要です。

布団に入り、ただ寝るのではなく。
目を瞑り、1日を振り返る。

そして、明日はどんな1日にしようかと思いながら。

そうするだけで、深い睡眠に入れます。
質の良い睡眠ができるんです。

「寝てるときトイレに行きたくなる」
「少しの物音で起きてしまう」
「もともと睡眠が浅い」
という人。

瞑想やヨガを取り入れるのもお勧めです。



snow




こんにちは。


エネルギーワーカー達のなかで、よく使われる言葉に【自分軸】というのがあります。
私個人的には、あまり好きな言葉ではないんですけどね。


その【軸】がブレると、精神的に不安定になります。
その【軸】がブレると、情緒不安定にも陥ります。
その【軸】がブレると、人間不信にもなります。

意外と【自分軸】って大切な存在なんですよね。


『自分という確固たる存在』

誰にも左右されない【自分】の在り方。


【軸】がブレてる人。
【軸】がブレそうな人。

『瞑想か内観で軌道修正してみることをお勧めします』



snow





こんにちは。


今回は、より深く瞑想に入るための呼吸法を書きます。

ここで大切な数字【1・4・2】です。

瞑想と深い関係にあるのが呼吸法です。
呼吸法で病気も治ると言われているぐらいです。


瞑想で心身を整える。
さらに呼吸法で心身を整える。
一石二鳥で得だと思いませんか?


そこで、より深い瞑想に入るための呼吸法を紹介したいと思います。
※私はこの呼吸法で深い瞑想に入っていますした。


呼吸のリズムが【1・4・2】なんです。わかりやすく説明すると以下の通りです。

1秒で思い切り息を吸って、4秒間息を止める、そして2秒で全ての息を吐き出す。


例えば、【1・4・2】の8倍で呼吸する場合は【8・32・16】になります。

8秒かけて吸い、32秒のあいだ止め、16秒かけて吐く=これで1サイクルが56秒となりますね。
これが苦しいって人は【6・24・12】=42秒でもいいです。

【5・20・10】=35秒でも。
【4・16・8】=28秒でもオーケーです。

しかし、、数字を気にしすぎると、せっかくの瞑想が疎かになってしまいますのでだいたいのイメージだけでオーケーなんです。
続けているうちに体内時計が秒数を記憶します。

この呼吸法を瞑想のあいだ繰り返すだけ。
※できれば日常に取り入れるのが望ましいです。


私も最初の頃は秒数が気になったり、苦しくなったりしてましたけど慣れてくると、なんてことなくなります。

瞑想のついでに呼吸法!

ちょっと得した気がしませんか?



snow



最新記事
カテゴリ
プロフィール

snow

Author:snow
10年前、エネルギーワークに興味を持ち色々と伝授を受けました。
その後、エネルギーワアークのティーチャーになり、【波動】というものに興味が移りました。
カウンセリングサロンを営み、自他を高める作業に集中する毎日でした。
そして現在は、魂と波動の関係性を探究する日々を送っています。

最新コメント
月別アーカイブ
管理人のWordPressバージョン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: