こんにちは。


最近プライベートが忙しすぎて久しぶりの更新です。
そして、またまたエネルギー関係の記事になります。

「アチューンメント(伝授)を受けたまではいいけど、何をすればいいのか…」と悩んでいる人も少なくないと思います。
というか、今このタイミングでアチューンメントが増えてくるのは嬉しいことです。


マニュアルには基本的なことや、エネルギーの使い方が書かれています。
ヒーリングや瞑想のことも書かれていたり、アチューンメントの方法も書かれています。

しかし、エネルギーの面白さというか醍醐味は、
マニュアルに書かれていないことの方が多く、それを見つけ、自分のモノにするところにあると思っています。

使い込めば、使い込むほど自分に馴染んできます。
ワークを重ねていくと、革製品のように馴染みます。




例えばマニュアルに書かれている【○○瞑想】というワークがあります。

「短時間でより効果を得ることが出来る瞑想」と謳われています。

その謳われている瞑想の真価を知るには、最低でも3ヶ月のワーク(もちろん毎日です)は必要だと思います。
人によっては1年から2年かかる場合もあるとは思いますが、毎日続けていれば必ず真価を知ることが出来ます。

『毎日決めた時間に行う』←これは最低条件です。





エネルギーワークに限らず、何かを成し遂げるにはストイックにならざるをえません。

結果が出ないからと焦らない。
結果を期待するより、続ける楽しさを知る。

何事も毎日の積み重ねです。
貯金もダイエットも積み重ねです。

『積み重ね=ストイック』といえます。


そして、積み重ねていけば必ず良い結果が出ます。
これは100%です。

保証できます。


ただ、自分に甘え、サボり、諦める人の保障はできません


アチューンメントにかかる費用も然り。
カウンセリングにかかる費用も然り。

ドブに捨てるか?
一生の宝にするか?

私は『1円も無駄にしたくありませんし、1秒も無駄にしたくない』という思いの持ち主ですので、
1円払っても100万払っても同じで、無駄に終わらせたくないから必死でやり抜きたいんです。
時間をかけるときも同じです。

私には1時間でも1年でも同じなんです。
時間を少しでも割いた以上は『やり切らないともったいない』と思ってしまうんです。

思った結果が出ることの方が稀ですよ。


けど、やり抜くんです。

それが、人間の根っこに秘められた本能なんです。



snow



こんばんは。


エネルギーワークが世の中に浸透してきましたね。
とは言っても、まだまだ訝しげな眼で見られることが少なくないのも事実です。


「天使の羽根を集めている人」
「ゾロ目が出ると「エンジェルナンバーだと喜ぶ人」
「天使や神様が視えるという人」
「何かにつけてポジティブな人」
「どんな苦境であっても「わたし、幸せ~」としか言わない人」
他にも色んな例はありませがキリがないので・・・。

現実世界に存在している以上は、もっと現実を見ないといけません。


まず大切なのは現実に起こっていることを認識することです。

現実から目を背けるのではなく、直視すること。
現実を受け入れ、そのことに対処すること。


なぜ、それらが大切かというと、
現実を直視できない人にとってのそれは現実逃避になるからです。

辛い現実から目を逸らし、夢の世界を創りあげてしまうんです。

それはもう、夢の世界に逃げてるだけにすぎません。


ワークや瞑想をしている人は多くいらっしゃいます。
そういう人たちは現実から逃げたくてワークや瞑想されてるように思えて仕方ありません。


ワークや瞑想は逃げ道ではありません。
逃げ道が欲しくてワークするなんて本末転倒です。


1歩ずつ、少しずつでもいいので、現実を見て前に進まないと。


進むから未来が拓けるんです。



snow




こんばんは。


「ヨガを始めたのがキッカケ」
「瞑想してみたくて」
「自分の過去や未来に興味がある」
「お友だちに誘われてなんとなく」
「病気を治したい」
「見えないものを視てみたい」
「ブレる自分が嫌」など、いろいろな目的があり、エネルギーワークを始めた人がほとんどでしょう。

そこで疑問が生じます。


『その目的は達せられたんでしょうか?』と。


私の周りにいる多くのワーカーは未達のままです。
何事もそうですけど、もちろんエネルギーワークにも【終達】という概念はありません。


「エネルギーワークしたけど瞑想ができない」
「過去世や未来(未来世)が視えない」
「病気どころか、風邪も治せないし(風邪をひいてしまう)」
「ワークしても何も視えないし、何も感じない」


などの理由で、エネルギーワークから遠ざかってしまうんです。

途中で辞めてしまったり、諦めたり、限界を感じたりするんでしょうか。

そもそもワークを始めたときの目的が違ってるだけかも知れませんね。


ワークを始めるときには希望や夢を抱き、ワークから遠ざかるときは言い訳を探す。

自分に言い訳をして、物事に背を向けるのは簡単です。


しかし、
頑張って、苦労して、工夫しなくては、何事もうまくいくわけもありません。


諦めた時点で進歩しなくなります。
諦めた時点で成長しなくなります。
諦めた時点で終わりを迎えます。


『どうか諦めずに「これでもか!」という勢いで臨んで欲しいものです』



snow




こんばんは。


エネルギーワークをしていると「わたしも視えるようになりますか?」という質問が多い。


『そもそもエネルギーワークを始めたキッカケは何なのか?』
『自分や他人の何を視たいのか?』
『なぜ人の深層心理に興味があるのか?』


私のブログでも何回も書いてます。

【エネルギーワーク】と【視る】ことは全く別物と


それが分かってない人が多すぎて、答えることすら面倒になります。
こんな私でもやるべきことは山ほどあります。


『エネルギーワークと視ることは全く別物です』


エネルギーワークはキッカケにすぎません。

結果として「何かが視える」ということは少なくありませんが、「そのキッカケを飛ばして、視よう」なんて、ありえません。


そこまで甘くはないし、簡単ではありません。


物事には順序があります。

何かを成し得るには、集中力が必要不可欠です。
何かを成し得るには、継続力が必要不可欠です。


それができない人は、何をやっても中途半端で終わってしまいます。



snow




こんばんは。


今日は、エネルギーの本質に関して書いておきます。
※もちろん持論ですから、異論反論があることは承知のうえです。


そもそもエネルギーワークというのは、誰にでも扱えるものであり、特別なことではないんです。
それを特別視してしまうと、敷居が高く感じられ「私には難しいからムリ」となってしまいかねません。


もう1度、言います。

エネルギーワークは特別なことでは決してありません。


本当の自分を取り戻し、本当の幸せを知る。
そのためのキッカケであり、手段なんです。


だから、手持ちのエネルギーは何でもいいんですよ。

高価エネルギーだから効果が大きい。
安価なエネルギーだから効果が少ない。
そんなことはありませんし、その逆もありません。

もっと言えば、手持ちのエネルギーなんて1つで十分なんですよね。


『キッカケ』
『手段』ですから。


ヒーリング系、リーディング系、チャネリング系、色んなエネルギーがありますが、どれか1つでオーケーなんです。


色んなエネルギーに手を出すよりも、1つのエネルギーを極めることのほうが大切です。

かつて私もエネルギーのデパートのように たくさんのエネルギーを持っていましたが、その本質は、どれも同じです。


広く浅くより、狭く深くです。



snow



最新記事
カテゴリ
プロフィール

snow

Author:snow
10年前、エネルギーワークに興味を持ち色々と伝授を受けました。
その後、エネルギーワアークのティーチャーになり、【波動】というものに興味が移りました。
カウンセリングサロンを営み、自他を高める作業に集中する毎日でした。
そして現在は、魂と波動の関係性を探究する日々を送っています。

最新コメント
月別アーカイブ
管理人のWordPressバージョン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: